Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
大事なお知らせ
平素よりホンシェルジュサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ホンシェルジュは、本好きの「人」を通じて「本」と出会うサービスとして2013年から「本棚」サービスを提供しておりました。インターネットや動画環境の急激な変化に伴い、経営資源を集中すべく、2022年1月31日をもちまして「本棚」サービスを終了させていただきます。
本棚サービスをご利用のお客様は、2022年1月31日までに下記のボタンより、データのダウンロードをお願いいたします。

これまでのご愛顧に深く感謝いたしますとともに、ご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。

なお、「本と人との出会う場」として、読みものとしてのホンシェルジュサービスは継続いたします。今後ともよろしくお願いいたします。
Img balloon 99952a8b514b3cc0e73db059a2d3e6b545ae31ddd254b8b304003180873034f5
酔どれ列車、モスクワ発ペトゥシキ行 (文学の冒険シリーズ)

酔どれ列車、モスクワ発ペトゥシキ行 (文学の冒険シリーズ)

作者 ヴェネディクト エロフェーエフ
出版社 国書刊行会
出版日 情報なし

「クレムリン、クレムリン、と誰もが言う。クレムリンのことはあらゆる人から話には聞くが、自分で実際に見たためしは一度もない。もう何度となく、一千回も酔払って、それとも二日酔いで、モスクワを北から南へ、西から東へ、端から端まで突っ切ってみたり、ただ無茶苦茶に歩き回ったりしたのに、クレムリンはただの一度も見たことがない。…」旧ソ連の暗闇を酔どれヴェーニャがさまよい歩く。モスクワ駅から列車に乗り込む彼が目指すは、麗しき女とかわいい幼な児が待つ光あふれるペトゥシキ終着駅。奇妙きてれつな乗客たちと、妙ちきりんな酒を酌み交わし、文学、哲学、恋愛談義に花咲かせつつ、ペトゥシキの光を待ち望む。果たして彼がたどり着くのは…。旧ソ連の地下出版で大ベストセラーとなり、世界十数カ国で翻訳されている現代ロシア文学を代表する傑作。

Esehara Shigeo」さんのレビュー
まだレビューはありません

本棚に入っている別の本

Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497
ロード中...

この本が入っている本棚

この本棚を作ったひと

Esehara Shigeo

アッ、ハイ。

関連本棚

関連する本棚は見つかりませんでした